キャリア選択「4つの型」あなたはどのタイプ?

こんにちは、女性のキャリア・マネジメントをサポートする「キャリマネ」運営者のミキです。
今回は『キャリア選択のタイプ』について書いてみます。

デュアルキャリア、パラレルキャリアなど、これまでにも様々なキャリア選択のタイプがありましたが、近年ではさらに『キャリア選択』の種類・名称が増えてきました。

多々あるキャリア選択の「型」の中から似ているものは省き、私なりに4つに大別してみました。

  • 山登り型(専門特化型)
  • 川下り型(適応型)
  • マルチ型(乗換型)
  • スラッシュ型(複数型)

キャリア選択タイプ1「山登り型」

1つめのキャリア選択タイプは、「山登り型」です。
昔からあるキャリア選択の考え方で、目指すゴール(山の頂上)に向かってキャリアを歩んでいくタイプです。

このタイプは、やりたい仕事や興味のある分野が明確な人で、プロ野球選手もこのタイプになります。

弁護士になりたい、プログラマーになりたい、好きなことで起業したい。

このように「なりたい自分」が明確にある人が、そのゴールに向かい逆算してキャリアを築いていくのが「山登り型」の特徴です。何かしらのスペシャリストになりたい人にオススメです。

このキャリア選択のデメリットは、途中で興味や価値観が変わったとき、また次の山を目指してゼロから歩み始めることになる点です。ただし、やってきたことがムダになることはありません。

キャリア選択タイプ2「川下り型」

2つめのキャリア選択タイプは、日本で最も一般的な「川下り型」です。

「山登り型」との大きな違いは、目指すゴールが設定されておらず、川の流れに身をまかせるように与えられた業務をこなしながらキャリアを構築していく点です。

このタイプは、やりたい仕事が明確にない人で、自分でキャリアを選択するのではなく、就職先の会社で配属された職種、異動先の職種など、与えられたポジションで経験を積みながらキャリアを築いていきます。

初めは「川下り型」のキャリア選択だった人が、たまたま就いた職業で「山登り型」のスペシャリストになっていた、という人もいます。

実は、あるキャリア選択の調査結果では、最も幸福を感じやすいのは「与えられた仕事をやっているうちに好きになった人」なのだそうです。

一方で、ゴールが明確ではない分、年齢が上がるにつれ「このままでよいのだろうか・・・」と不安を抱きやすいのもこのタイプです。

キャリア選択タイプ3「マルチ型」

3つめのキャリア選択タイプは、「マルチ・ポテンシャライト型」です。

この「マルチ・ポテンシャライト」は、TEDトーク「天職が見つからない人がいるのはどうしてでしょう?」で話題になったエミリー・ワプニックさんの理論で、「好きなことを次々と仕事にして一生食べていく」というキャリア選択の考え方です。

日本には「手に職をつける」という言葉がある通り、1つのことを極める”職人的”なキャリアが評価される傾向もありますが、強みや才能は1つではない、複数の才能を次々に活かして生きていくのがこのタイプです。

マーケター、コーチ、切り絵作家、コスメブランド立ち上げなど、なりたいすべてのものになる新しい働き方が「マルチ型」のキャリア選択です。

飽きやすい性格の人、マルチな才能を持つ人にオススメの働き方ですが、なりたい気持ちがそれほど強くない場合、どれも職業にはできず、中途半端に終わってしまう可能性もあります。

キャリア選択タイプ4「スラッシュ型」

4つめのキャリア選択のタイプは、「スラッシュ・キャリア型」です。

「スラッシュ・キャリア」は、2007年にアメリカのジャーナリストMarci Alboher氏が著書で生み出した言葉で、複数の肩書や仕事によってキャリアを形成していくという考え方です。

近年では、正社員として企業に勤める人でも「副業」をもっていたり、企業に属さずフリーランスとして働く人が増えたり、働き方が多様化しています。

その1つのキャリア選択が、この「スラッシュ・キャリア」です。

「キャリアコンサルタント/WEBライター/イベントディレクター」のように、複数の仕事を「/(スラッシュ)」で区切ることから、「スラッシャー」「スラッシュワーカー」などとも呼ばれます。

複数の仕事を同時に走らせる働き方が「スラッシュ・キャリア」の人たちの特徴です。これから日本でも増えてくるのが、このキャリア選択ではないでしょうか。

以上、従来型、近年型の「キャリア選択のタイプ」を合わせ見た場合、現在の私たちのキャリア選択は、大きくこの4つに分類できそうですね。

皆さんは、現在どのタイプですか?
これからは、どのタイプのキャリアを選択したいですか?


ちなみに、私はというと、最初は「川下り型」で人事、総務を経験。その後、20代後半から「やりたいこと」「なりたいもの」が次々にでてきたため「マルチ・ポテンシャライト型」に(当時、このような考えはなかったので無意識ですが)

現在は、一通りやりたいことを実現したので、経験した仕事の中から複数の仕事を同時並行で走らせる「スラッシュ型」になりました。

キャリア選択に正解不正解はありませんので、あなた自身がどんなキャリアを選択したいかです。

また、自分で意識的にキャリアを選択しない人生もあります。
たまたま就いた仕事、今の仕事に、毎日何事もなく取り組むことも、とても素敵な人生だと思います。

この記事が、皆さんのこれからのキャリアに少しでもお役に立てたらうれしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!